Posted by お母さんの手

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by お母さんの手   0 comments   0 trackback

命の重さ…

今、親友の大切なパートナーのボビーが生死をさまよいながら「生きよう!」と頑張っています。一昨年の12月に「もって半年」と宣告され、1年が経ち、去年12月に「後10日」と宣告され、もう1か月以上頑張っています。どんだけすごいねん!ぼびー!本当に奇跡の犬です。命の期限なんて誰にも決めれないですね。本当は苦しいはずなのに、でも、まだ生きたい!ってボビーの目が訴えています。末期と思えないぐらい力強い目をしていて…かっこよすぎるよ~親友はこの一年間をボビーに捧げ、今は涙をこらえてボビーに、ありったけの愛情を注いでいます。そんな親友を見ていて、人間も動物も「命の重さ」は同じなんだな。と教えられました。かわいいだけで、ペットを飼ってしまうけど、最後の時まで、目を反らさず、きちんと看取ってやれるか…現実に相当、精神的にも体力的にも辛くて苦しいです…私には、その覚悟はあるかな…出来る術は、全てしている親友と頑張ってるボビーに、「あきらめない」とゆー事を教えてもらいました。こんな時に不謹慎だけど、今日のボビーを見て、もう立ち上がれない姿なのに深い深~い無償の愛に包まれていて、とてもキレイ
で私にはキラキラと光って見えたのでした。これが親友との絆で培った強い愛なのです。人間も犬も命も愛の重さも一緒なのです。いや、言葉がない犬の方が魂の繋がりが強くなると思います。親友は全ての生きとし生きるものへ愛を送る…まるでナウシカのような人です。今、身を引き裂かれる思いやろうね…頭でわかっていても受け入れる事は簡単ではないから…何を言っても気休めだけど、親友が受け入れる事が出来るまで私は静かに待ちたいと思います。そしてボビーがなるべく苦しまないで愛いっぱいの幸せな時を過ごせますように…

ポチッとお願いします^^  人気blogランキング ポチっとお願いします
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://mominokihouse.blog56.fc2.com/tb.php/250-4a683d8a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。